Fullerton and Marina Bay Sands

投稿日:

シンガポールは国土が東京23区ほどの広さ。それに加えて資源のない国なので、政府主導で観光名所を作っています。ナイト・サファリやマリーナベイ・サンズ、各民族が持っているエリア観光、それにショッピング。その3つがインバウンド政策の軸になっているとのことです。ここ数年は、シンガポールの人口の2倍、約1000万人を超える人々が海外から訪れているそう。観光名所はそれほど多くないので、有名な場所はどこも人が集中しているようです。

移り変わりの激しいシンガポール、新しいビルも続々と出来ていますし、今年はASEAN議長国。9月には契約が延長されたF1も開催されます。私は今回初めてのF1、そろそろチケットも取らなければ…

今までなかなか夜の外出はできなかったのですが、娘のpre schoolのお泊まり会があった先日、シンガポール歴3年の幼馴染みがいろいろ案内してくれました。ああ、シンガポールの夜ってこんな感じだったんだ。と、束の間の自由です。

まずは、Grand Hyattで乾杯✨

それまで、謎に忙しかったので、染みました

シンガポールは気持ちのいいホテルが沢山ありますが、中心エリアにあるHyattは最初の待ち合わせに便利です。

 

「シンガポールで私の一番好きなRooftop barは、Lanternよ」

そう教えてくれた彼女が連れて行ってくれたのは、Marina Bay Sandsの向かいにあるFullerton Hotelです。

 

シック!

 

私もこのホテルがすっかり好きになっちゃいました

屋上まであがると…

ジャーン。という感じの、マンガみたいな構図

涼しい風が吹き抜ける、最高に気持ちの良い場所でした✨

日本からの友人を迎える機会には、ぜひまた一緒に来たいと思います。選曲もいい感じです。年齢層も高め。

こちらはMarina Bay Sands
おなじみのプールを横から見ると…

 

こわっ。

 

中央に見える「く」の字型の屋根の建物は、海中トンネルを抜けると辿り着くことのできる構造になっているLouis Vuittonです。オリジナルのペイントを入れてくれるサーヴィスや限定商品もあり、一味違う品揃えになっています。シンガポールは、はっとする奇抜な建築物が多いので、それを見るのが最近の楽しみのひとつでもあります。

姪っ子と行こうと思いました。  お散歩に…

姪っ子はteenager満喫中

Marina Bay Sandsは、fashion showやミュージカル、様々なレストランでの各種イベント、朝日を拝むサンライズ・ヨガ(これはとっても気持ちよさそう…) etc…

毎日のようにエンタメを楽しむことができるspotです。やはり、シンガポールに来たら外せない場所かと思います。楽しい!

深夜のショコラビュッフェがありました。これも、姪っ子と来たいです。私は横で1個のチョコと一緒にブランデーでも飲みたいなー。

 

個人的には、落ち着いた雰囲気のFullerton Hotelに一票!です💙

シンガポールは他民族国家なので、日没と共に頂けるハラル弁当やインディアン・ベジタリアンなども用意されているホテルがあったりします。

ミレニアムホテルでは、朝食会場にオムレツを焼けるロボットを導入しているそうです。

これからも、シンガポールのホテルの色々なサービスのこともお伝えしていければと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です