Art Science Museum

SingaporeのArt Science Museum

大好きな場所です。

娘と、娘のジャカルタ時代のお友達と一緒に遊びにいきました。光のシャワーの中、飛び跳ねる子供たち。 これは楽しい!

自分も子供の時にこんな場所に来たかった。でも、どこかノスタルジックな感じもするのはなぜかしらと、考えていました。

よく、ママは忙しいというけれど、それは確かに本当で、子供がまだいなかった頃にしていたart鑑賞や、ゆっくり映画を観ること、ひとりでふらっと泳ぐようにショップクルーズに行くこと……そういった時間はほぼなくなります。

でも、そんな忙しい日々の中で子供との遊びの中に「懐かしい!」と感動する瞬間があったりして。そんな時はなんというか、いつもと違う快感物質が溢れるのがわかるのです。

昔、大好きだった曲が突然タクシーのカーステレオで流れるとか、そういう瞬間のように「懐かしい」という快感が、創作のモチベーションになるのだな……と、再認識しました。

実際に、イギリスではその人の「懐かしい」をインテリアに再現するプロもいるそうで、人の心の中の「懐かしい」は、尊いものなのだと思います。

Art science museumの光のブロックで遊ぶ子供たちを見守りながら、私の頭にふっと浮かんだのは、京都のレトロな喫茶店「ソワレ」のゼリーポンチ。

色がそっくり。この涼やかな透明感に心奪われます。

あの娘は知らないよね、ママがあの場にいたとき京都のゼリーポンチで頭がいっぱいになっていたことを(笑)

翌日、娘と一緒にコンドミニアムのプールサイドに咲いていたプルメリアを拾い、透明のガラスのコップに色とりどりのビーズとお水を入れ、プルメリアも一緒にフリーザーで凍らせて、氷中花を作りました。

お水は一度沸騰させて水中の空気を追い出して冷ましたものを使うと、気泡が消えて透明な氷になるので中のお花がクリアに見えて、とっても綺麗。

「ねえ、もう凍ったよ!みてみようよ」

冷凍庫を開け

「わあ、すごいね。きれいだね」

目をキラキラさせる娘。
そんなことをしている時が、一番幸せです。

 

 

コメント コメントを追加

  1. 佐藤ようこ より:

    モカさん、こんにちは。

    お嬢さん、後ろ姿ですがスタイルが良いですね。
    今の遊び場は自分の頃より洗練されていいなあと私も子供と出掛けるとしょっちゅう思います 笑

    ソワレの事はブログを拝見するまでとんと記憶から遠退いていましたが不思議と心地よくて私も好きでした。
    少し前に載せられたゼリーと共通するものがありますね。

    パフェを注文したら、目で楽しんでから頂いていました。
    緑が多かったり、赤が大きかったりで毎回雰囲気が違うのが楽しみで。

    大学生活を京都で過ごした記憶が急に甦りました。
    この少し切なくて、恐らく実際より1.5倍増しぐらい美しく塗り替えられている過去の記憶をたどる瞬間にも快感物質が分泌されているのでしょうか。
    旧友と連絡をとってみたくなりました。

    モカさん、こんにちは。

    後ろ姿ですがお嬢さんのスタイルの良さが窺える写真ですね。
    確かに今の遊び場は自分の頃よりずっと洗練されていいなあと思います。
    ソワレ、不思議と落ち着く不思議な空間ですよね。大学生活が京都だったので私も大好きでした。前回は緑が多かったけど今回は赤が大きい等、ゼリーの混ざり具合が毎回違うのも楽しみでした。
    ブログを拝見するまで全く思い出さなかったのですが、突然一気に記憶が蘇ってきました。
    この少し切ないけど眩しくて、恐らく実際の1.5倍増しぐらいに美しい記憶を辿る瞬間にも、快楽物質が分泌されているのでしょうか。
    旧友と連絡をとってみたくなりました。

  2. moca より:

    ようこさん

    メッセージをどうもありがとうございます。
    大学生活を京都で過ごされたのですね!
    ソワレは不思議な空間でいいですよね。
    その頃のお友達と連絡をとってみたくなりました、を読んで
    こちらまで嬉しくなりました。

    京都は、私にとっては外国よりも外国的で、何回足を運んでも距離が縮まらない、
    そんな高嶺の花という存在だからこそ魅力を感じているのではないかと思っています。

    ようこさんもお子様がいらっしゃるのですね。
    娘は、今ちょうど大人の言ってることもだんだん理解しながら
    ファンタジーの世界も信じているという状況で、
    現実の海を泳いでいる自分としては、彼女と世界を共有できることが一番大切な時間になっています。

    レイチェル・カーソンの「センス・オブ・ワンダー」が好きです。
    不思議なことに対する好奇心を解放してあげたいと思っています。
    娘が「それって不思議」「調べてみよう」「こんどいってみよう」と話すときに目がキラキラしています。今週は、サマーキャンプを色々調べてみたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です