美味しいインド料理でローカーボ・ダイエット

シンガポールに移住してからインドカルチャーを学べる場所に頻繁に通っているライターの栗尾モカです。

今回は、念願の本格インド料理を習ってきました。
メニューは、タンドリー・チキンとダール(Daal)。私が特にこれはいいと思ったのが、主食のダール。ローカーボ・ダイエットに取り組んでいる人が多いこの頃。お米やパンなど主食になる炭水化物の量を控えながらおいしい食生活を送るのはなかなか難しいですが、ダールは豆が材料。高タンパク・低カロリーでダイエットの味方になってくれそうです。

インド人の先生が「栄養価が高く、ほかのどんなインド料理にもよく合い、いつでもすぐに用意できる」と勧めてくれたダールををご紹介します。

ダールとはとろりとした豆のスープで、辛さはなく優しい風味とコクがあり、さっぱりとしているので何杯も頂けそう。ほぼ豆でできているので、とてもヘルシー。

調理法は、豆を煮て、炒めたスパイスを加えて塩で味を整えるだけです。ダールは「今日は野菜のストックがない」というときでも、豆とスパイスという乾物だけで作ることが出来るのでとても便利。

今回教わった「パンジャビ・ダール(Punjabi Daal)」は、北インドのパキスタン国境近くの州、パンジャビ地域のダールです。穀物を多く収穫できるエリアで、特に豆料理はよく作られるのだとか。

先生曰く
「ダールは毎日必ず作っておくわ。おいしいし、体にいいから家族に食べさせたいの」とのこと。愛情がこもった母の味、ですね。

『パンジャビ・ダール』レシピ

●yellow moong daal、red masoor daal、 channa daalの3種の豆を30分水に浸け、柔らかくなるまで煮る。(手に入らない場合は、緑豆1種類でもOK)

●玉ねぎ(1個)を細かく刻んで茶色になるまで炒め、同じく細かくカットしたトマト(1個)、炒めたガーリックジンジャーペースト(なければ細かく刻んだガーリックとショウガのすりおろしを炒める)、チリ(唐辛子)2か3本、クミンシード、(あれば5か6枚のカレー・リーフ)を、柔らかく煮たダールに加える。塩で調味する

●チリパウダー、コリアンダーパウダー、ターメリックパウダー 、クミンパウダーを適宜加える

●ガーニッシュ(飾り)
ガラムマサラパウダー、ブラックペッパー(風味付け)、コリアンダーの葉のみじん切りを散らして完成

スパイスは先生から教えて頂いたものをそのまま記載しておりますが、全種類のスパイスを揃えなくても美味しく頂けました。
ほっと和む味で、ダイエット中におなかいっぱい食べても太らないダール。ぜひご家庭でもお試しください。

ちなみに、禁断のナンも焼いてくれたのですが、ダイエット中としては危険な誘惑で。しかも、チーズとガーリックをのせて焼いちゃったりしつつ。焼きたては絶品!

先生:「ナンって普通はお店で5ドルぐらいでしょ。チーズのせるだけで8ドル。はい、チーズのせるわよ」なーんて言って、笑いをとっていました。

ちなみに、ナンの粉はこれが一番!と教えてくれました。今度市場で探してみようと思います。

次回は、生のインド音楽と共に深い瞑想に落ちるヨガを受講してきたいと思います。Deeeeep!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です